サーバーのトラブル回避について

サーバーは、メンテナンスを除いて一日中動くことが基本です。いくら高性能であったとしても、システムに障害が出ることは避けられないので、そのための対策がいくつか用意されています。一つはRAIDという技術で、データを分散して保存したり処理の高速化をしたりすることが可能です。複数のハードディスクに同じデータを記録するミラーリングという手法によって障害発生時の負担を軽減するなど、使用するRAIDによって活用方法が変わります。

次にUPSと呼ばれる、停電によるサーバーダウンを防ぐ装置があります。これは、停電によって電力が供給されなくなった場合に、代わりに電源となることができる装置で、データを守る観点から一般のパソコンに使っているケースも存在します。そのほか、ホットスワップと呼ばれる、サーバーは稼働した状態のまま部品を交換できる技術や、クラスタリングといった技術も使われています。クラスタリングは複数のサーバーを、一つのものとして扱う手法です。

例えば二台サーバーがある場合、一方が稼働している間はもう一方が休止していて、問題発生時に切り替えを行ったり、二台とも運用することで片方が壊れてもサービスを提供したりという風に用いられています。最後に、ディザスタリカバリという手法でバックアップを行う方法があります。データを使用している場所から離れた所でバックアップをとっておく方法で、災害などが発生した場合でも短い期間でデータの復旧が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です